稼げる期間工情報

期間工は2回目も同じ会社で働ける!

投稿日:

期間工経験のある方のなかにはいくつかの会社で期間工を繰り返すという人もいるでしょうが、期間工は同じ会社で再度働くこともできるのでしょうか。

結論から言うと、離職後6ヶ月経過していれば同じ会社で再雇用してもらうことはできますし、多くのメリットがあります。

同じ会社で期間工は2回目以上できるのか

職場の雰囲気や寮、人間関係が気に入り一度期間工として働いたことのある会社で再度期間工として働きたいという場合もあるでしょう。

2回目でも3回目でも同じ会社で期間工をすることはできますが、以前の勤務履歴は会社側で残してあるので、欠勤や遅刻が多い、勤務態度が悪いなど状況によっては採用されない可能性があることは理解しておきましょう。

無断退職者や解雇者は難しい

以前の退職時に無断で辞めてしまった人や会社側から解雇された人は同じ会社で期間工として採用される可能性は極めて低いでしょう。

再雇用してまた無断退職されては会社も迷惑ですし、解雇された場合にもそれなりの理由があるはずです。

そういった辞め方をした場合に同じ会社に応募するという人は少ないと思いますが、希望しているのであれば諦めて他の会社を選ぶ方が良いですよ。

途中退社した場合は採用されない可能性がある

期間工は3ヶ月や6ヶ月という契約期間を定めていますが、この契約期間を満了せずに退職した場合も採用されない可能性があります。

一度契約更新をしていれば採用される期待はできますが、最初の契約満了を迎える前に退社した場合は難しいかもしれません。

しかし会社の人手不足が深刻な場合などには採用される可能性もあるので、応募してみる価値はあるでしょう。

同じ会社で2回目以上期間工をするメリット

期間工を繰り返したいという場合はいくつかの会社を転々とするよりも、同じ会社で2回目以上するほうが多くのメリットがあります。

経験者手当が支給される

期間工はほとんどのメーカーで期間工経験者に対して給料面を優遇してくれます。

たとえば2回目以降は日給を上げてもらえたり、経験者手当として10万円を支給してもらえたりする場合もあります。

再雇用者に対してはこういった手当を支給しているため、同じ会社で期間工を繰り返す方が確実にお得です。

同じ部署に配属されれば新しく仕事を覚えなくて済む

以前働いていた部署に配属されれば、また一から仕事を覚える必要がありません。

会社としても新人を最初から教育をするより、経験者を同じ部署に配属して即戦力になる方が有り難いです。

退職後6ヶ月以上の期間が空いていても、同じ仕事ならすぐに思い出すことができるでしょう。

顔見知りの同僚や先輩がいる安心感がある

新たに違う会社で期間工を始めるとなると、仕事を覚えるほかにも人間関係を築くことに必死になるでしょう。

しかし以前働いたことがある会社なら、顔見知りの正社員や期間工の同僚がいるため人間関係は把握できていますよね。

ドキドキしながら初出社する必要もないですし、知っている人がいるのはとても安心できるでしょう。

まとめ

 

退職時の状況や以前の勤務態度によっては採用されない可能性もあるので気を付けましょう。

2回目以上同じ会社で期間工として働く場合は、金銭面でも優遇され、精神面でも安心できるので違う会社で期間工を転々とするよりもメリットがたくさんありますよ。

-稼げる期間工情報

Copyright© 期間工ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.