稼げる期間工情報

期間工に受かりやすい人の特長!

投稿日:

期間工に応募するのであればやはり受かりたいと思うのは当然ですね。

しかし残念ながら応募した全員が受かることはできず、人によって受かりやすいか受かりにくいかがあるようです。

今回、どのような場合に期間工に受かりやすいかについてまとめました。 

経験は武器

期間工に最も受かりやすい人の特長としては、以前に期間工で働いていたり、同職種で働いていたという経験がある場合です。

経験があれば即戦力になりますし、仕事を教える手間や人材を確保しなくて良いので企業側としてはありがたい人材ですね。

また、同職でないにせよ社会人経験も考慮されることもあります。

ですから履歴書には就業歴は漏れなくまた虚偽なく記載するようにしましょう。

未経験でも受かる?

期間工の仕事は未経験でも歓迎とされており、実際に未経験から期間工として働いているかたも大勢います。

しかし、同じ未経験でも状況によって受かりやすさがあります。

未経験なら若いほうが良い

期間工として働いたことがない未経験の場合では、歳が若いほうが受かる確率が高くなっています。

同じ未経験ならあまり長期間働けない40代や50代よりも、長い期間働いてくれる可能性が高い20代や30代前半を選びたくなりますよね。

実際未経験の場合は歳が若い20代は受かりやすく、40代以上になると受かる可能性はぐっと減るようです。

資格やスキルもアピールしよう

期間工にはいろいろな職種がありますが、自身が働きたい職種で役に立つスキルや資格を持っていると受かりやすくなります。

例えば工場系勤務でフォークリフトの資格を持っていたりすると幅広い仕事を任せることができます。

決め手はやる気と人間性

経験や年齢も期間工に受かるかどうかの要因になりますが、やはり大事なのはその人と一緒に働きたいかどうかです。

経験豊富で仕事もそつなくこなすことができてもやる気がなければいけませんし、他の従業員とコミュニケーションが取れなければ仕事になりません。

ですから、期間工に受かるか否かは最後には自身のやる気と一緒に働きたいと思わせる人間性が大事になるでしょう。

まとめ

期間工に受かりやすい特徴についてまとめました。

以前に期間工やそれに付随する仕事をしていた場合には即戦力となるため、受かりやすくなります。

未経験の場合には長く働く可能性が高い若いかたのほうが受かりやすくなっています。

仕事に役立つスキルや資格も大きな要因となるので採用試験時にアピールしましょう。

しかし最も大事なことはやる気があるかと一緒に働きたいと思わせる人間性を持っているかなので、期間工に受かりたいのであればそちらをアピールすることをおすすめします。

-稼げる期間工情報

Copyright© 期間工ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.