稼げる期間工情報

期間工の途中退社はメリットなし!再雇用されないリスクも

投稿日:

期間工は年齢問わず短期間で高収入が期待できるという理由で人気がありますが、実際に働いてみると仕事内容が合わない、きついなどの理由で辞めたいと思う場合もあるでしょう。

どのメーカーでも期間工には契約期間が定められているので、辞めたいと思っても契約期間の途中で退社できるのでしょうか。

結論から言うと途中退社は可能ですが、メリットがないのでおすすめできる辞め方とは言えません。

期間工は契約期間内でも途中退社可能

期間工はメーカーにもよりますが3ヶ月や6ヶ月という契約期間を設けられています。

しかし契約期間内でも仕事内容がきつい、自分には合わない、健康上の問題などの理由で途中退社を希望する場合があるでしょう。

なかには希望していた額まで貯金できた、車のローンを完済したなど目的を達成したからという場合もあると思います。

どんな理由だとしても以下の方法で途中退社することは可能です。

途中退社する方法

途中退社する際の方法は、上司へ辞めたいと伝えることです。

上司に退職したいと申し出た際に理由を聞かれる場合が多いでしょうが、仕事内容や人間関係などが理由ならば上司が作業場などを変えてくれる可能性もあります。

そうなれば無理に辞める必要もなくなるのではないでしょうか。

辞めたいとは思っているがまだ決心がつかない場合は上司にその旨を一度相談してみるのも良いでしょう。

もし辞める意思が強く固まっている場合も、無断で退職するのは絶対にやめましょう。

期間工の途中退社にはデメリットが多い

契約期間内でも途中退社はできますが、デメリットが多いのでおすすめの辞め方ではありません。

満了慰労金が支払われない

期間工は契約期間を満了することで満了慰労金という手当が支給されます。

満了慰労金の支給額は会社によって異なりますが、10万円~30万円程もらえる場合が多いのでかなり大きな収入源となると言えます、

しかし契約期間の途中で退職してしまうと満了慰労金は一切支払われません。

契約満了までまだ数ヶ月もあり我慢できない場合は仕方ないかもしれませんが、あと少しで契約満了という場合は絶対に我慢して働いた方がお得ですよ。

再雇用が不利になる可能性もある

期間工は同じメーカーでも辞めてから一定の期間をあければまた雇用してもらうことができます。

一度期間工を退職して、また期間工として働いている方も実際に多くいます。

しかし、契約期間の途中で辞めてしまうと再雇用されない可能性もあるので注意しましょう。

円満退社した場合なら再雇用される場合もあるでしょうが、無断で辞めた場合はまず再雇用はされないと思っておきましょう。

まとめ

期間工は3ヶ月や6ヶ月という契約期間を設けられていますが、契約期間の途中でも退社することはできます。

しかし契約途中で辞める場合は満了慰労金という大きな手当を貰い損ねることになるほか、再度期間工を希望した場合にも雇用されないリスクがあります。

できれば契約期間を満了してから辞めるのが一番良い方法ですが、どうしても我慢できず途中退社のデメリットを理解して納得したのであれば上司へ退職希望の旨を伝えて円満退社するようにしましょう。

どんな場合でも、無断退職するのは迷惑がかかるので絶対にやめてくださいね。

-稼げる期間工情報

Copyright© 期間工ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.